浜松町・大門駅からほど近い、大門メディカルクリニックは、東洋医学を取り入れた自然に逆らわない穏やかなケアを続けることで、心身ともに質の高いエイジングケアをサポートします。

脊椎温熱療法

  • HOME »
  • 脊椎温熱療法

セラゼム・マスターV3の脊椎温熱療法はリラクゼーション効果をもたらすだけでなく、薬に頼らないで自らの自然治癒力を最大限に引き出すための療法です。人体の柱である脊椎の機能を回復させるために開発された医療機器です。

 

脊椎温熱療法の5つの特徴

①温熱・・・まるで温泉に浸かっているような心地よさ

②お灸・・・温かい翡翠玉がピンポイントにアタック

③指圧・・・固まった筋肉をレベルに応じた強さで指圧

④マッサージ・・・筋肉全体をマッサージ

⑤牽引・・・脊椎のバランスを牽引で調整

カウンセリング後、症状に会ったプログラムを選択すると、
1)患者様の脊椎の長さを自動的にスキャンします。
2)脊椎を中心に温熱
3)同時に筋肉をポンピングする指圧やお灸が加わり
4)脊椎のバランスのためのUP・DOWN牽引をして、筋肉全体をマッサージ

このように症状別プログラムで脊椎温熱療法を定期的に受けることで、自然治癒力免疫力を強化させます。

 

 脊椎は人間の屋台骨!だからこそスキャニング!

脊椎(せきつい)は、頭蓋骨の真下から尾骨(びこつ)に至るまでのいわゆる 『 背骨 』 の部分で、文字どおり人間の体を支える骨で、脊柱管(せきちゅうかん)という管のなかを脊髄(せきずい)という大切な神経の束がとおっている重要な部分です。脊椎は、7個の頸椎(けいつい)、12個の胸椎(きょうつい)、5個の腰椎(ようつい)、5個の仙椎(せんつい)、そして尾椎(びつい)で構成されています。人それぞれ身長が違うように、脊椎の長さも違います。内部加温加圧ヒスイ球軸が頭から骨盤まで動き、使用者の脊椎の長さ及び屈曲度を測定し、使用者に合った、コンディショニング&リラクゼーションを提供します。

 

天然石ヒスイで温熱療法

ベッドの内部 ヒスイ東洋では玉(翡翠)を昔から大切にして装飾石、玉器、医療用として使用しました。玉(ヒスイ)成分の40%を占めているといわれるマグネシウムと私たち人体の細胞のマグネシウムが同じ気波動を持っているといわれており、私たち人体細胞に浸透して共鳴することで、組職の活性、血液循環、血液のアルカリ化、体内の有害老廃物排出を促進すると言われています。温熱自動整体ベッドには体に良い遠赤外線を放射する天然の玉を使用しています。この玉でできた加温加圧球の中をくり抜き、半永久的なヒーターを入れ、ヒスイ球に熱を加えるという他にない画期的かつ贅沢な方法で最高のリラクゼーション効果を実現しました。

「体温が1度下がると、免疫力は30%ダウン」すると言われています。温熱効果を与え、血液循環を良くすることで、自分の体の免疫力は向上できます。また、人間の屋台骨である脊椎が良くなれば血流の流れが良くなり、代謝もあがります。その結果、体のコンディショニングを整え、様々な病気の予防にもつながります。

※注意!脊椎温熱療法が受けられない方

・重度の骨粗しょう症

・背中に異物(補助する物)を入れている

・妊娠をされている方

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6435-6056 診療時間11:00-20:00 [ 13:00-15:00除く ]
受付時間11:00-19:15 [ 土・日・祝日除く ]









  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 大門メディカルクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.