浜松町・大門駅からほど近い、大門メディカルクリニックは、東洋医学を取り入れた自然に逆らわない穏やかなケアを続けることで、心身ともに質の高いエイジングケアをサポートします。

骨伝導 骨で音を聞く

骨伝導とは簡単に言うと、耳ではなく、骨で音を聞くメカニズムを言います。

骨伝導の秘密を解くベートーベン

音は耳で聞くものと考えるのが一般的です。では何故、重度の聴覚障害のベートーベンがあれだけの多くの名曲を残すことができたのかとても不思議ではないでしょうか。
ベートーベンがピアノの音を聞くことができた理由はじつは骨伝導にあります。ベートーベンは、口にタクトをくわえ、ピアノに当てて音を聞いていたそうです。ピアノの音には振動があります。振動はタクトを通して歯に伝わり、歯から頭蓋骨へと、そして聴覚器官まで伝わります。この方法でベートーベンは音を聴き、数々の名曲をつくりだしていたのだと考えられています。
おそらく、ベートーベンは耳を使わずに音が伝わる方法を知っていたのか、経験からマスターしたのかはわかりません。しかし、骨伝導という方法がなければベートーベンの名曲はこの世に存在はしなかったのは事実です。

骨伝導の秘密を解くイルカ

イルカの耳は、海水や水圧に影響されない体の内部にあります。ですから外からの音は直接聞こえな骨伝導い構造になっています。しかし音を聞こえています。イルカは下顎の骨で水中を伝わる音の振動をとらえ、耳に伝えているようです。
イルカは数百km先の相手とも会話ができるといいます。空気の振動とは関係なく、顎から骨伝導で耳骨に集めることにより、人間では不可能なほどはるか遠くの音も聴き取れるのでしょう。

音の伝わる距離=空気<水<固体の順で長くなります。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6435-6056 診療時間11:00-20:00 [ 13:00-15:00除く ]
受付時間11:00-19:15 [ 土・日・祝日除く ]









  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 大門メディカルクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.