浜松町・大門駅からほど近い、大門メディカルクリニックは、東洋医学を取り入れた自然に逆らわない穏やかなケアを続けることで、心身ともに質の高いエイジングケアをサポートします。

からだを調整する音楽

からだの不調・・・それはからだの不協和音が原因?!

人のからだの器官や臓器には、すべて固有の振動数(周波数)を持っています。健康な状態とは、それぞれの器官や臓器が固有の振動数で動いている状態です。反対に体調が思わしくない状態とは、本来の正しい振動数で動いていない部分があることで、からだ全体に不協和音が生じている状態です。

からだ全体がひとつの音楽だとしたら、それぞれの器官や臓器はその音楽を奏でる楽器です。本当の楽器でしたら、演奏をする前にかならず「音合わせ」をして、楽器調整をしますよね。ひとつでも音程がはずれていれば、不協和音が生じ、音楽としては不快に感じるでしょう。からだも同じです。その不快な状態がからだの不調です。からだ全体が音楽で、各器官や臓器は楽器。だから一箇所でもおかしくなれば全体の音楽としてのバランスがこわれます。

Painting Music Instruments

Painting Music Instruments

 

♪チャクラのバランスを整える音楽「リバランス」第1~第7チャクラ

Watercolor illustration of meditation, aura and chakras.

Watercolor illustration of meditation, aura and chakras.

私たちの体は、調和が取れているときが健康な状態です。しかし、何らかの原因でそのバランスを崩すといろいろなかたちで不調をもたらすだけでなく、人が本来もっている自然治癒力も働きにくくなります。西洋医学では、生命のエネルギーを主に食べ物から取り入れると考えていますが、チベット医学では大自然のエネルギーを体に取り入れるという考えが基本にあります。特に「チャクラ」は、生命力の基盤として重視しています。7つの主要なチャクラは、体の中心に沿って並んでいると教えています。また、チャクラの働きは変換機に似ています。繊細なエネルギーを振動に変え、エネルギー密度を高め物質として固定化させる働きがあります。体の不調とチャクラのバランスは密接な関係にあるので、体の不調を防ぐためにも日頃からチャクラのバランスを整えることは大事です。

onsinサロンの振動音響療法の基本は「まずは調整しましょう」です。セラピーに使用する音楽はこの「調整をする」を目的につくられた曲です。

 

 

作曲:喜多嶋 修 osamu kitajima      音楽プロデューサー/音彩療法士

 

 

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6435-6056 診療時間11:00-20:00 [ 13:00-15:00除く ]
受付時間11:00-19:15 [ 土・日・祝日除く ]









  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 大門メディカルクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.